花クラブ

レカンフラワー・アレンジメントフラワー・プリザーブドフラワーの販売・通販|福井県小浜市 花クラブ

HOME»  プリザーブドフラワーを長持ちさせるための秘訣とは

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  プリザーブドフラワーを長持ちさせるための秘訣とは

プリザーブドフラワーを長持ちさせるための秘訣とは

プリザーブドフラワーを長持ちさせるための秘訣とは

 

人生の中で結婚式のお祝い、出産祝い、ご両親への還暦祝いなど、家族や大切な友人の特別な日にプレゼントを贈ることがあると思います。このような時にギフトとして選びやすいのは花だと思います。 花は老若男女問わず、どなたにも合わせることのできるギフトの1つです。花の贈り物というと一般的にイメージしやすいのは花束だと思いますが、近年ではおしゃれに楽しめることのできるプリザーブドフラワーギフトの1つとして人気を集めています。

半永久的に楽しめるプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーとは、いわゆる加工花のことです。ドライフラワーや造花とは異なり、生花に手を加えることで、水をあげることなく色鮮やかな美しさを保ちます。美しさはそのままに、半永久的に楽しめるということが、ギフトとして選ばれる理由でしょう。とはいえ形あるものですから、きちんと手入れをすることによって、より一層長く楽しめることができるのです。

汚れは美観を損ねる

プリザーブドフラワーを透明なケースに入れて飾る方もいらっしゃるようですが、そのままの状態で飾っていると必ずケースにホコリがつくようになります。花に限らず、どんなものでもホコリがかぶった状態のままでは、見た目に美しくありませんから汚れはこまめに取り除くようにしましょう。またケースに入れていない場合、ホコリを取り除く時は柔らかい化粧用ブラシなどを利用して下さい。花は非常に繊細です。

光合成はしません

プリザーブドフラワーは観賞用の花ということもあり、日光には弱いので直射日光は避けて下さい。直射日光に当たり続けると、アンティーク風の色あせが目立ってきます。室内に置いていても、置く場所によっては直射日光が当たってしまうことがありますから気をつけましょう。どうしても窓辺にしか置けないということであれば、日光が当たる時間帯にはカーテンを閉めるなどの対策をとるようにして下さい。

高温多湿の場所に置かない

プリザーブドフラワーは、高温多湿の場所が苦手です。特に湿気の多い部屋に置いてしまうと、変色してしまう可能性があります。飾る際には、高温多湿の場所には置かないようにして、シリカゲルを近くに置くことをおすすめします。 こうしたポイントを押さえると、より長持ちし楽しめることができます。ギフトとして贈る際、これらのポイントも一緒に伝えてあげると喜んでもらえるのではないでしょうか。

当店では、誕生日や結婚式のお祝いなどに人気の高いプリザーブドフラワーを通販で販売しております。送料無料となっておりますから、お気軽にお買い求め下さい。