花クラブ

レカンフラワー・アレンジメントフラワー・プリザーブドフラワーの販売・通販|福井県小浜市 花クラブ

HOME»  プリザーブドフラワーの歴史

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  プリザーブドフラワーの歴史

プリザーブドフラワーの歴史

プリザーブドフラワーの歴史

 

プリザーブドフラワーと呼ばれるお花は生花よりも長持ちするため、様々なイベントのギフトに選ばれています。今では人気商品となっているので多くの方がご存知ですが、プリザーブドフラワーにも歴史があります。こちらではプリザーブドフラワーの誕生から、日本に伝来したきっかけまでご紹介いたします。

プリザーブドフラワーの誕生について

1970年代頃から既にプリザーブドフラワーの研究がフランスの企業と大学との共同で行われており、1987年に現在の形のプリザーブドフラワーが完成しました。1991年には世界特許が取得され、バラが常に提供できるエクアドルで生産が開始されます。
生産する企業が増え、競争が起きるようになってからは品質や種類、製造技術などが向上し、より高品質でバリエーション豊かな商品が提供されるようになりました。今となっては、プリザーブドフラワーは世界中で人気のある商品となっています。

プリザーブドフラワーが日本に伝来したきっかけ

プリザーブドフラワーは、1993年頃に日本に伝来したとされています。お花が欠かせないウェディング関連の企業などからプリザーブドフラワーの存在が発信され、次第に一般の方にも広まるようになったのです。その後は、アレンジ教室などのレッスンによってプリザーブドフラワーと触れ合う機会が多くなり、お花に興味を持っている方や女性からの人気が高まりました。

プリザーブドフラワーの歴史はまだ新しいので、存在自体を知らない方もいらっしゃるかもしれません。
魅力たっぷりのプリザーブドフラワーの存在を広めるためにも、是非ギフトとして贈ってみませんか?
プリザーブドフラワーを購入予定の方は当店をご利用下さい。結婚式や誕生日の贈り物として最適ですし、両親へのギフトにもおすすめです。商品によっては送料無料にてお得に購入できますので、是非お買い求め下さい。